選択問題について

中学受験の国語の問題でも選択問題があります。これもラッキー問題になっているようなものですので、確実に点数を取れるようにしましょう。
選択問題の解き方としては、そのまま正解を導いても良いですが、どちらかと言うと正しくない回答はどれかを見ていくのが良いかもしれません。特に国語問題の答えが出ない時はそのようなやり方をして答えを導くと良いです。というのも、選択問題は必ず間違いのあり選択肢があります。それを見つけることで回答の選択肢から外れていきます。それを繰り返しして正しい答えに近づけることができるようになります。ですから、どれが間違っているのかの理由を考えるようにしましょう。

国語の選択肢問題も復習をすることが出来ます。これも基本的にはどうしてその答えになっているのかを調べるところからすることで復習をすることが出来ます。過去問題などをする時に選択肢が間違っている場合も、どうして間違ったのかを考えて正しい答えに導くことができれば中学受験に合格できる可能性を出すことができるでしょう。うまく間違えを見つけることができれば、中学受験の国語の問題も結構やりやすくなります。ですから、答えを見て判断するときも、どうして他の答えではダメなのかを考えて国語の中学受験の問題をするようにしましょう。そうすれば、選択問題も確実に得点を獲得できて一歩中学受験の合格に近づけます。