塾での国語の教え

塾などで同じように授業を受けた子供がいるとしても、中学受験に出てくる国語の問題は同じ答えになることはないでしょう。それが国語の問題ですので中学受験に合格できるように勉強をして自分なりの答えを出すようにしましょう。

中学受験の国語の問題ですが、一部の問題は完全に自分の言葉で書かないといけないので、それぞれの答えが出てきます。全く同じ答えがでることは基本的に無いでしょう。要するに、中学受験の問題の答えは模範解答であり、それと全く同じにする必要性はないということです。近い答えになれば正解になりますので、勉強をする時に注意です。

そもそもこの手の国語の問題に完璧な問題の答えはないでしょう。特に中学受験をするのですから、完璧な答えは求めていません。ですから、ある意味では気楽に答えるようにしましょう。そして、ある程度問題の答えに近い状態なら点数を貰うことができるので、その答えが出てくるように勉強をするようにしてください。長文を読んで、できるだけ模範解答に近い答えを出すように表現をうまく出来るようにしましょう。そうすれば中学受験に合格できるかもしれません。

塾などの国語の問題は、あくまでもこのように解けば答えになるかもというような教え方になります。ですから、100点の答えを出すのは子供次第なのでよく考えて答えを出すようにしましょう。