メモの重要性

中学受験の国語の問題で長文の問題をする場合はメモを取ると良いです。簡単なメモだけでも残しておくことで、どこにあるかを見つけることができるので中学受験の時でもやってみると良いです。

国語の問題を解く上で、メモを取ることで実際に問題を読んだ後に欲しい答えがあるかを見つけることができるので、メモを取ると良いです。長文を読んでいる段階では問題を読んでいないので、あくまでも大事そうなところに印や内容を簡潔にしたメモを残すと良いです。これをうまく使うことができれば中学受験時の国語の問題を早く回答することができるようになります。ですから、メモを残すことが良いことです。

ただし、メモの書き過ぎに注意しましょう。下手なメモの書き方をするとグチャグチャになり中学受験の問題を答えることができなくなります。ですから、メモを取るにしても多少の慣れが必要なので中学受験の勉強の時にしっかりと慣れておくとよいでしょう。そうすれば、かなり国語の問題をやりやすくなります。ただし、メモが必ずしも国語の問題に使えるかは問題を見てみないとわからないので注意です。問題を先に見ることができるので、そちらを読んでから長文を読むのも良いですが、あまり頭の中で考えると良くないので注意しましょう。