国語はセンスではない

良く国語にはセンスが必要と言う人がいます。中学受験の勉強をする時も国語にはセンスがあるから難しいという人がいるのですが、その考え方は少し誤りがありますので注意しましょう。

確かに国語のセンスがあることで中学受験を結構良い点数を取ることができる可能性がありますが、あくまでもセンスは勉強のやりやすさのようなものです。中学受験をする時に国語のセンスは無くてもあったとしてもどちらでも良いのです。むしろセンスが無いと中学受験に合格できないのかと言われればそうではありません。しっかりと勉強をすることで普通に国語でも良い点数を取ることができるでしょう。それに、センスは何かのきっかけで出てくることもあり、まだ眠っているだけということもあります。勉強でそれを呼び出すことができれば、中学受験の国語が非常にやりやすくなるでしょう。ですから、センスと言う言葉に惑わされずに、勉強をして合格できるようにしましょう。

センスがあることで、作者や登場するキャラクターの考え方などをすぐに理解することができるようになるでしょう。これがセンスの良い人です。ですが、センスが無いからと言ってこれらがわからないというわけではないです。ですから、気にせずに勉強をするのが良いでしょう。