線の付け方

中学受験の国語でも使える方法で、物語文に線を書いて重要なところを忘れないようにするやり方があります。これのやり方を理解することができれば国語の中学受験もかなりやりやすくなりますので、ぜひ国語の勉強の時に覚えさせるようにしましょう。

物語文で重要な部分に線を引くことですぐに内容を理解することができるようになります。その線を引く主な場所としては、キャラクターの行動、会話、場合によってはキャラクターの名前で線を引くことになります。線の使い方もよく考えてすることで中学受験の国語問題を結構やりやすくすることが出来ます。線の書き方としては、教えてくれる教師などによっては異なりますので注意です。自分なりにやるのも良いかもしれませんが、できるだけ教えてくれたようにやったほうが良い場合がありますので、それで国語の勉強をしていくようにしましょう。

線の書き方は最初結構わからないことがありますが、物語文の問題を多くやることで慣れることが出来ますので、中学受験の勉強としてやっていくようにしてください。国語は反復ですることが多いので、しっかりと勉強して中学受験の国語を良い点数にするようにしましょう。ちなみに、線を書きすぎると邪魔になってわからなくなりますので注意です。先生によってはあえて教えない場合もあります。