その人の気持ち

国語の中学受験で物語文があります。その問題によってはその人の気持ちを答えることが必要になります。ですから、中学受験の国語の勉強として、その人がどのようなことを考えているかをひらめくことができるようにしましょう。それが必要です。

作者や物語文に出てくるキャラクターの考えていることを書く問題が結構出てきます。中学受験でも1〜2個は出てくるような問題ですので、しっかりと答えられるようにしましょう。ですが、この国語の問題を勉強させるのが難しいかもしれません。ただし、子供によっては結構簡単に答える人もいれば、かなり難しく考えてしまう人もいます。ちなみに、この手の問題は感情移入し過ぎると無駄なことを考えてしまうことがありますので、感情移入をし過ぎない程度にそのままで答える必要があります。そうしないと中学受験では間違っていることがあります。

国語の問題の考えを書く問題は、慣れが必要になるでしょう。自分がまずどのように思って、その考えを持っている者と自分とでどのくらいの違いが出るかによって答える文章を変えないといけません。難しいことを言いましたが、要するに自分に当てはめて考えて見るのが良いでしょう。ただし、必ずしもそれが正しいというわけではないです。その点の違いを中学受験の国語の勉強としてやっていく必要があります。