早読みは必要か

中学受験の国語の問題はかなり長文の問題があります。ですから、国語の勉強をする際にその長文の対応をするのが中学受験の勉強になりますので、やっていくようにしましょう。そして、長文を読む時に早読みを覚える必要があるのかを説明していきます。

国語の中学受験問題には長文の問題が幾つかあります。基本的にその文章を読んで答える問題となっているので、文章を読まないといけません。しかし、中学受験には時間制限があり、のんびりと長文を読んでいる時間はないです。問題も答えないといけないので、時間短縮をするために早く読むことは確かに必要になります。しかし、国語の中学受験はあくまでも問題を解くのが問題であって、早読みの有無は別に必要ありません。故に、あってもなくても問題ないでしょう。ですが、ある程度早く読むことができれば問題に答えることができる時間も増えるので早く読めることは良いです。ただし、早く読むために文章の内容を理解しないのでは意味が無いので、あくまでも早く読める程度でしっかりと物語文の内容を理解できるようにしましょう。それが国語の勉強の仕方です。

これからの生活でも長文を読むことが多くあります。その時のために長文は慣れておくのが良いです。また、早く読むことができることで時間を有効的に使うこともできるので、できるかはよく考えて選びましょう。