物語に慣れる

中学受験に出てくる国語の物語文の勉強のやり方ですが、まず物語に慣れるのが慣れることが結構重要になりますので、そこから中学受験の勉強をしていくと良いでしょう。
主に物語文は長文です。毎回テストをする時に長文を見てやる気を削ぐよりも、長文に慣れて中学受験の問題くらいの文章量なら別に問題ないということにしておくと何かと良いです。どのみち国語を勉強する上で結構文章を読むので物語に慣れてしまったほうが良いです。そのために、読書をすることが基本的に良いです。ただし、ただ数をこなせば良いといわけではないので間違えないようにしましょう。読書が趣味という人は確かに長文を読むことは慣れているのですが、問題を解く力がないことがあります。ですから、国語の物語文の問題を解く場合は沢山読書をすれば良いというわけではないので注意しましょう。中学受験のために沢山の本を読む必要はありません。

慣れることで結構見えてくることもありますので、国語の勉強をするためにも慣れるようにしましょう。そして、物語文の問題を解くなら問題を沢山解くことをしましょう。それでしっかりと問題の答えを出すことができるようにやっていけば良いです。それで勉強をすることが出来ます。ちなみに、読書をするのと物語文の問題をやりながら読むとなら後者の方が中学受験の国語の勉強に良いです。