中学受験の国語について

中学受験には算数と国語があるところがほとんどでしょう。最近では他にも科目が増えているところもありますが、この2科目は必ずあります。その中の国語には物語文があり、それが中学受験には必ず出てきます。しかも、問題によっては結構高い得点になっていることがあります。ですから、これを落とさないように勉強するのも中学受験です。

主に中学受験の国語で出てくる物語文は読むことで答えを出すことができるタイプの問題が多いです。ただし、中には漢字関係の問題も出ているのでそちらの方も注意しないといけません。そして、物語文を解くためにもいろいろなことを勉強していないとうまく解くことが出来ないことがありますので、中学受験の勉強をしっかりとしないといけません。

国語の物語文ですが、作者の考えや物語に出てくる人物の考えなどを出して答えないと行けない問題があります。この手の問題は単純に問題を解くだけではダメな場合があり、勉強をしっかりとしていても答えられないということがあります。主に論理力が必要になっており、これが無いとうまく答えが出ないので注意しましょう。ですから、国語の勉強は結構難しいように思いますが、実は慣れてしまえばそこまで難しくはないので中学受験を乗り切るようにしましょう。