中学受験の国語の作者の気持ち

中学受験の国語の問題では、作者がどのように考えたのか、ということを問われる問題が多く出題されます。その中で何が問題の要点なのか、どうすれば作者の気持ちを知ることができるのか、といことをお子さんと一緒になって考えて問題を解いていく事がポイントになります。

その考えるための根拠となる文章は、文章内に記載があるため、そこから実際にどのような意図があるのか、ということをくみ取ることが難しい文章や物語の中で高い正解率に結び付きます。そのあたりの問題は、なかなか難関であるため、簡単には解けない部分も多くありますが、どこが問題でチェックポイントになるのか、という事を知っておけば、必然的に解くためのテクニックや方向性を見つけることができます。

また、中学受験の国語の問題は、多く文章を読んで読解力を身につけておくことが、解答に近づくための方法です。そのためには、日常的にどのような問題が出されているのか、ということを知ることで、問題について正確に理解をすることができますし、解くための方法も身につけていくことができます。多少難しい問題もありますが、その要点を掴んで正確に解けるように十分に勉強をされるようにしておくことをお勧めいたします。